年末狂騒人(としのせとなると)

b0031140_2024362.jpg

(地元の古刹にある池:2016年12月15日撮影)


生田より戻り、地元の古刹を巡った後、帰宅し、テレビを点ける。
ロシア大統領の来日する日だが、遅刻を報じている。
今回の訪日で、違和感を覚えたのは、首相との握手の写真だ。
首相が笑っているのに対し、大統領は厳しい顔だ。
笑う必要があったのか。
北方領土問題について、返還をロシアは考えていない様子だ。
その昔、亡くなった祖父が言っていたことを思い出す。
ロシアは昔から悪かった。
聞いたのは、小学校の高学年の頃か。
祖父は、小学校だけで学歴を終えた三味線職人だったから、難し
いことが分かったとは思えないものの、そのやり方に関しては、納
得が出来なかったに違いない。
そうした折り、コンビニのおでんに触った男が逮捕される。三十
前の子供もいる男だが、何を考えているのか。
 母親が映像を見て、コンビニへ謝罪に行ったという。
 妙なことだ。
 変な輩ばかりが目立つ。
(第四千八百六十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-12-23 20:22 | 社会心理 | Comments(0)
<< 師走迷惑話(このいそがしいときに) 生田辺散歩(いくたあたりをあるく) >>