映画経営学入門(えいがねおんたいへいき)

b0031140_2383090.jpg

(夢の世界:2016年11月30日撮影)


ニュースで、カジノ法案の審議が流れる。その有害性を認めながらも、他国で行なわれているからと、急いで結論を出す必要があるのか。
 経済成長というが、その発想自体が貧困だ。
 ニュースは、次に、非正規労働者の意見を首相が聞くものとなる。意見を聞くというのに、首相が足を組んでいる時点で、見下している感じがする。
 首相といえば、真珠湾を訪問するらしい。その会見時、ある意味、放送ジャックの如く、どのチャンネルを回しても、それだった。戦争を進めようとする人間が、何を語るのか。
 そのような折り、仕事帰りに、神保町へ寄る。
 先に触れた特集「今村昌平を支えた職人魂キャメラマン・姫田眞左久の仕事」のうち、『「経営学入門」よりネオン太平記』を観る。
 次作ということで、足を運ぶ。
始まるまで二時間ほど余裕があり、夕飯を済まそうと思うけれど、その前に、メールの送受信が出来なくなったスマートフォンを近くの携帯電話屋に持って行く。
設定が狂ったみたいだ。
(第四千八百五十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-12-12 23:06 | 文芸 | Comments(0)
<< 手続怪奇談(まちがいのもと) 最近社会学事情(しゃかいがくの... >>