新聞紙新刊広告(しんかんじょうほうをえるのに)

 
b0031140_15314046.jpg

(列車のデザイン同様に本の内容も:2016年11月27日撮影)


現在、自宅で購読しているのは東京新聞だ。
 それを見てから、電車に乗り、仕事場へ向かう。
 最寄り駅に着いてから、喫茶店でひと休みをする。
 そこで、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、そして、スポーツ新聞二紙に目を通す。
 仕事場では、朝日新聞だ。
 これらを見て思うのは、本の新刊情報でいえば、東京新聞には少ない。
 広告を出したくないのだろうが、聊か、不満だ。
 このため、他紙で確認するものの、当然、仕事が休みの時には、それが出来ない。
 見落とす可能性もあり、本屋へ足を運ぶけれど、最近、面白そうな本に、なかなか出会わない気がする。
 特に、手軽な文庫で感じる。
 大体、買う出版社が決まってしまう。
 ちくま文庫、講談社文芸文庫、岩波文庫がほとんどで、時々、河出文庫か。
(第四千八百四十四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-12-04 15:29 | 文芸 | Comments(0)
<< 親悪力(あしきおやが) 連休喫茶店(ぶんぐやのあとで) >>