寒空散策果(さむぞらで)

b0031140_15553750.jpg

(寒空の散策は:2016年11月20日撮影)


寒く、空腹だと、頭痛がする。
そうならないようにしているものの、冬など、つい寒空の下、何時間も散策していたりする。
 途中、休憩すると、暖かさで、寝てしまう。
 そのような折り、喫茶店で新聞を読む。
 異常な事件が目立つ。
 例えば、ブラック企業は、最早、誰にも通じるが、最近では、寺や役所でも、それが普通なようだ。
 特に、この頃では、自爆買いという言葉さえ耳にする。
 何れにしろ、資本主義の負の面だ。
負といえば、ファーストフードは、子供を標的にし、大人になっても食べて貰うべく、濃い味付けにしているという。
そういえば、地元の世捨て人も、娘の食生活について、あれこれ言っていた。
ハンバーガーのチェーンやフライドチキンのそれを好むらしい。
前者の場合は、食べずに、おまけが目的と聞く。
商品に関しては、美味しくなく、口にはしないみたいだ。
(第四千八百四十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-12-02 15:54 | 社会心理 | Comments(0)
<< 連休喫茶店(ぶんぐやのあとで) 対応拙(へたないくさ) >>