映画人類学入門(えいがえろごとしたち)

b0031140_20365679.jpg

(映画館のロビー辺り:2016年11月27日撮影)


十一月二十七日、やや寝坊する。昨夜、新宿から戻ったのは二十二時で、風呂に入っている間に寝るのが遅くなった。起きると、六時半だ。
 この日から四連休で、まずは、床屋へ行く。
 開店と同時に入ったから、一時間も掛らずに終わる。
 スマートフォンを見れば、早々に、仕事場から連絡が入っている。
 連絡後、図書館に寄る。リクエストしていた本が届いたという。
 本を読みながら、神保町へ向かう。
 特集「今村昌平を支えた職人魂キャメラマン・姫田眞左久の仕事」の映画が組まれている。
 このうち、『「エロ事師たち」より人類学入門』を観る。
 故小沢昭一氏が出ているので、足を運ぶ。
 ただ、この日は十六時十分からで、時間がある。銀座へ芝居のチラシを取りに回り、更に、足を延ばし、武蔵小山に出、銭湯で温まる。
 日曜は八時から開いている銭湯だが、正午でも、かなり込んでいる。天然温泉だからか。
(第四千八百四十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-11-30 20:35 | 文芸 | Comments(0)
<< 対応拙(へたないくさ) 映画版艦娘(えいがばんかんこれ) >>