映画続深夜食堂(えいがぞくしんやしょくどう)

b0031140_17472883.jpg

(日曜の映画館:2016年11月6日撮影)


十一月六日、朝から有楽町へ向かう。
映画『続・深夜食堂』を観るためだ。文字通り、続編である。
地元の駅で、列車を待っている間、携帯電話で話しているオバサ
ンがいる。
大声のため、話しが全て聞こえる。
被害妄想云々と言っている。
待っている際、先に触れた『コジコジ』に目を通していた。
ババアに関することで、その考察だ。
つい仕事場の一連を考えている時であった。
作者によれば、予想以上に、婆に対するババアのひと言は効果が
あるようだ。
何れにしろ、世間において、地雷であることに変わりはない。
ところで、一昨日、昨夜と有楽町で映画を観た。
何れも夜で、明るい有楽町は妙に新鮮だ。
ななかまどが街路樹だったことを知る。
喫茶店でひと休みした後、映画館へ足を運ぶ。
年配者が結構いる。
内容は、前作同様、店に集まる人間模様を描く。
(第四千八百十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-11-09 17:45 | 文芸 | Comments(0)
<< 立冬朝(りっとうのあさに) 映画桃接木(えいがゆめのつぎき) >>