映画桃接木(えいがゆめのつぎき)

b0031140_22394515.jpg

(スバル座ロビー:2016年11月5日撮影)


青森の自殺した中学生が通っていた学校が、また、遺族の神経を逆撫でした。
 ここまで無神経だと、誰もが通わせたくないと考えるに違いない。
 報道によれば、相変わらず、学校は変わっていないらしい。
 そうした中、さくらももこ氏の『コジコジ』に目を通す。ある意味、シュールな作品だ。
 随分前、アニメ化され、そこで知った。
 メルヘンの国の学校が舞台だが、主人公の台詞がなかなか良い。
 その翌日、仕事帰りに、有楽町へ寄る。
 映画『種まく旅人 夢のつぎ木』を観る。
 これまで、同シリーズは二作品が公開されている。
 今回、舞台は岡山だ。主人公は、桃農家かつ公務員の二足の草鞋の若い女性だ。
 夢を鍵に、地域を考えさせる内容となっている。
 また、これまでのシリーズ同様、農水省の官僚が登場する。
更に、第一シリーズに登場した主人公のその後が描かれる。
これは意外であった。
(第四千八百十八段)
[PR]
by akasakatei | 2016-11-08 22:38 | 文芸 | Comments(0)
<< 映画続深夜食堂(えいがぞくしん... 映画北杜夫作品(えいがぼくのお... >>