老人子供事(としよりこどもにまつわる)

 
b0031140_1271196.jpg

(菊の季節となり:2016年10月30日撮影)


八十七歳の軽トラックを運転していた男性が、小学生の列に突っ込んだ。
 ひとりの小学生が亡くなり、男は逮捕された。
 映像を見る限り、公園にいそうな雰囲気だ。
 何れにしろ、老人の家族や小学生の遺族にとっては、不幸なことに違いない。
 事故を起こすまで、一晩中、家を出ていたというけれど、家族は心配しなかったのか。
 疑問が残る。
 そうした中、地元の世捨て人より、娘の幼稚園の面接試験に付いて行ったと聞く。
 最初、整理券を貰いに、朝六時半に家を出たという。
 その後、また出直し、指定の時間に面接を受けに行ったとのことだ。
 結構、父親も面接には来ていたようだ。
 尚、有名幼稚園ではなく、地元の幼稚園だが、それでも、緊張したと話す。
(第四千八百十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-11-03 12:04 | 社会心理 | Comments(0)
<< 当世芝居話(げんだいのしばいでは) 青水秋(あきげしき) >>