大鳥神社辺散策(めぐろよりゆうてんじへとあるく)

 
b0031140_18355345.jpg

(大鳥神社:2016年10月23日撮影)


大鳥神社は、早い七五三の人が、結構いる。来月は、酉の市だから、もっと賑わうはずだ。
 この辺は、小学校低学年時代の担任が住んでいた場所だ。
 境内を一周した後、馬の時に訪れる可能性があった元競馬場へと向かう。
 途中、寄生虫が展示されている博物館に寄る。
 カップルに人気がある。
 小学校時代、寄生虫の検査があり、引っ掛かった生徒は、皆の前で、紙を渡されたものだ。
 その後、元競馬場のバス停に出る。
 ここより、競馬場跡を探すが、住宅地になっていることもあり、いささか、時間を要する。
 外周の跡は、綺麗に残っており、当時を偲ぶ。
 暫く、歩くと、油面地蔵への道に繋がる。
 目黒では、意外に、こうした地蔵の由来でも、掲げられ、しばしば、足を止める。
 祐天寺まで歩き、杯を交わす。風邪のため、それほど、飲む気になれない。
 帰路、身体を温めるために、銭湯に行く。
(第四千八百五段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-26 18:25 | 余暇 | Comments(0)
<< 待合室会話(おんなばかりだと) 犬問題(いぬずきには) >>