犬問題(いぬずきには)

 
b0031140_804144.jpg

(仏教では:2016年10月2日撮影)


地元の列車に乗っていたところ、若い男女が乗って来る。
 不思議なことに、連結面の幌に向かう。
 何かと思えば、鞄より犬を出す。
 察するに、犬に関し、無賃乗車か。
 何れにしろ、犬嫌いからすれば、また、飼い主のルール無視で、益々、犬嫌いとなる。
 何故、犬好きには、この類が多いのか。
 そうした中、国領の世捨て人より、水鉢の越冬について、訊かれる。
 故郷では、特に、何にもしなかった。
 氷も張っていたが、底で、じっとしていた。
 氷といえば、世は、結構、冷えるようになってきた。
 そのような十月二十三日、学生時代の友人らとの散策で、目黒を訪問する。
 今月は鳥だ。
 大鳥神社である。
 目黒は、先日、能で訪れた。
(第四千八百四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-25 07:56 | 社会心理 | Comments(0)
<< 大鳥神社辺散策(めぐろよりゆう... 晩秋話(ばんしゅうに) >>