地元京王乗合車(じもとえきへのけいおう)

b0031140_1135961.jpg

(地元の駅で小田急バスと並ぶ京王バス:2016年10月17日)


平日、視野検査のため、休みを取り、眼科へ行く。
地元では、この日から、京王バスが駅への乗り入れを開始した。
調布駅とつつじヶ丘駅を結ぶ「丘31」系統だ。
その様子を見てから、眼科へ向かう。
バスの乗り入れは、ルート変更という形で、途中の経由が加わっ
た。
運転手も練習をするのだろうが、他人事ながら、考え事をしてい
たら、ついうっかりしそうだ。
駅前では、バス会社の社員が案内に立つ。
 これまで、地元は、小田急バスとコミュニティバスだけだった。それらの中で、やはり、京王バスは目立つ。
 眼科での視野検査を終えてから、消防署前のバス停まで行き、新
ルートを乗る。
 新ルートは、途中より反対側へ進むが、誰も騒がない。
 ただ、地元の駅のロータリーに入った際、年配男性が、心配して
か、運転手に行き先を確認している。
 意外に、こうした光景がないのは不思議だ。
(第四千七百九十八段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-19 10:54 | 余暇 | Comments(0)
<< 学校変対応(へんなたいおう) 日秋朝(にちようのあきのあさ) >>