日秋朝(にちようのあきのあさ)

b0031140_15455382.jpg

(秋も深まり:2016年10月2日撮影)


秋の日曜の朝、耳鼻科の門を叩く。
門が開く前に行ったものの、既に、行列だ。それでも、五番目だ
ったから良かった。
門が開き、中に入った頃には、二十人くらいが待つ。ほとんどが
幼児だ。
最近の温度差が原因か。
何れにしろ、日曜で、どこも休診ということもあるだろう。
診察後、靴を買いに行く。
雨が続いたこともあり、靴先から水が入って来た。
何年履いたか覚えていない。
手頃なものを選び、ひと息付くため、時々行く喫茶店で休憩する。
 八月以来だ。
 ここは、先日、メニューを刷新した。店頭に張り紙があったので、
それを知る。
 メニューの刷新といえば、鰻屋もまた変わった。
 この後、ランチで足を運び、その事実が分かる。
 ランチメニューが絞られた。
(第四千七百九十七段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-18 15:44 | 社会心理 | Comments(0)
<< 地元京王乗合車(じもとえきへの... 日々疲(こうなると) >>