日々疲(こうなると)

b0031140_19274268.jpg

(秋も深まり:2016年10月2日撮影)


毎日、何をしているのかと思う。
相変わらず、仕事場は落ち着かない。休み明けに、行けば、机に
は、前日処理が分からずに、回って来た書類の山だ。
それだけで、時間が取られる。
新しい責任者や入った人には教えているものの、なかなか伝わら
ないようだ。
そうした折り、口髭辺りが荒れ、仕事帰りに、皮膚科の門を叩く。
塗り薬を貰う。
外に出れば、日は暮れ、風も冷たい。
先日まで、暑かったのが、嘘のようだ。
車内でも、襟巻きやコート姿を見るようになった。
また、マスクもかなり見る。
気温の変化に付いていけなかったのか。
 こうなると、すぐに年末だ。
 空を見上げると、月が綺麗だ。
 今年は、十五夜も十三夜も見られなかったけれど、この夜もそれ
も悪くはない。
(第四千七百九十六段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-17 19:25 | 社会心理 | Comments(0)
<< 日秋朝(にちようのあきのあさ) 名惑人(おおいなるまちがい) >>