列車大遅延(れっしゃのおくれ)

b0031140_19385415.jpg

(遅れの原因とは:2016年10月2日撮影)


相変わらず、列車に乗る度、下車のタイミングが遅い人ばかりだと思う。
 これについては、以前にも触れたが、己が列車を遅らせている自覚がない分、始末に負えない。
 遅れに関しては、鉄道会社の都合も結構あるが、乗客による場合もかなりある。
 例えば、乗り慣れない中学生の部活動が利用料する時など、ひとつの扉に十人以上が集中する。
 酔った若者も同様だ。
 また、高齢者、特に、婆の集団も中学生と変わらぬ行動をするから、遅れに繋がり易い。
 何れも妙な集団心理が働くのだろう。
 そうした折り、地元の世捨て人より連絡がある。
 以前に住んでいた国領のアパートの階下の住人、世捨て人らに煩いと苦情を言っていた人だが、最近、フィリピン人の彼女が出来たらしい。これが、夜中に時間と関係なく、痴話喧嘩をするらしい。  世捨て人の細君と親しい他のアパートの住人から聞いたようだ。
 結婚は、日本人同士でも面倒なのに、国際結婚だと、もっと面倒に違いない。
(第四千七百八十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-10 19:37 | 社会心理 | Comments(0)
<< 紅毛五右衛門歌舞伎(えんぶじょ... 旬味覚(しゅんにかんし) >>