地域夜印象(ちいきよるのはんざい)

 
b0031140_10495082.jpg

(看板列車があると:2016年10月2日撮影)


真夜中、悲鳴が聞こえる。
 目が覚める。
 前日のことが頭を過る。
 そういえば、何日か前にも、同様のことがあった。
 一体、地域で何が起きているのか。
 先の市長選では、現職候補者が、地元の治安率の良さを言っていた。
 本当なのか。
 つい疑う。
 思うに、狭い市だから、発生の数が少ないだけではないのか。
 そうした折り、地元を走る郊外列車に乗れば、どう見ても、乗客の質は良さそうにも思えない。
 立ち止まって、どかない人がいれば、移動したい人が「どけ。」と言う。
 イメージが良いのは、幻想かもしれない。
 そのようなことを鎌倉と江の島の土産を食べながら考える。
 この両観光地に関し、込んでいる印象が一番強い。
(第四千七百八十六段)
[PR]
by akasakatei | 2016-10-07 10:48 | 社会心理 | Comments(0)
<< 最近日常場(しごとばのにちじょう) 身近大物騒(みじかなきけん) >>