秋雨薩摩旅谷山(あきさめさつまへたにやま)

b0031140_18545394.jpg

(高架より町を見れば:2016年9月18日撮影)


予約したホテル付近は、かつて、風俗の貼り紙が目立ち、それら
しき女性もいた。今はそのような雰囲気が消えた。
翌朝、雨が降る中、早起きし、博多発六時十分の「つばめ307
号」に乗る。朝一番だからか、かなり席が埋まっている。
熊本に入るまで、雨足が強い。
熊本からは、地震の影響で、速度を落とし始める。
漸く、規制区間が終わり、速度を上げ始めると、また、雨が強く
なる。
鹿児島中央着は八時三分で、十分の接続で、指宿枕崎線がある。
今回、高架になったのは、谷山から慈眼寺辺りなので、坂之上ま
で往復する。
意外と、高架より見下ろした町は、家が密集している。
八時三十七分、坂之上着。
四十八分の快速「なのはな」で、折り返す。
丁度、出掛けるには良いのか、席は埋まっている。
九時七分に、鹿児島中央へ戻る。
駅前の和菓子屋で土産を買っている間に、雨が落ちて来る。
(第四千七百六十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-09-20 18:53 | 余暇 | Comments(0)
<< 秋雨薩摩旅帰路(あきさめさつま... 秋雨薩摩旅出発(あきさめさつま... >>