初物杯(さんまをたべながら)

b0031140_1912632.jpg
 
(秋の朝:2016年8月26日撮影)


様々なことがあり、疲れ過ぎ、仕事帰りに、地元のよく行く店で杯を傾ける。
新物の秋刀魚、公魚があり、つい頼む。
 店主より、好きですね、と言われる。
 この日は、それほど込んではいない。
 口開けで入り、後から、予約の男女のふたり連れが来る。
 年の差があり、話しからすると、友人か。
 女は、前の旦那と口にする。ということは、離婚歴があるのだろう。やや派手な感じの三十代か。
 ただ、阪神の選手というと、バース、掛布、真弓の各選手しか知らないなどという。化粧で誤魔化しているのか。
 男はひと回り上で、会社員の様子である。
 その後、話しは混浴に流れて行く。
 話しを聞いていると、昭和の終わりを思い出す。
 時代は変わり、よく分からない片仮名が文章には入る。
 車内での中学受験における国語の文章読解を見て、改めて思う。片仮名については、最後に注釈がある。
 そういえば、車内で見掛ける右翼養成の学校、特に、高校はかなり変わった。以前は、誰もが怖れた。
(第四千七百四十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-08-31 19:10 | 社会心理 | Comments(0)
<< 報道質(なにをほうじるか) 朝地下鉄話(あさのしゃない) >>