泥鰌鉢(どじょうのはち)

b0031140_224261.jpg

(泥鰌が底にいる:2016年8月9日撮影)


地元の世捨て人のところのわっちゃんは、未だ、トリートメント中らしい。
 先日は、掃除屋として、マドジョウのまあちゃんを迎え、パイロットフィッシュとして、鉢に入れたとのことだ。
 このまあちゃんについては、一緒に飼いに行く。
 最初、先に触れた市ヶ谷まで行く予定が、世捨て人の娘も同行したことで、世田谷区の店に変更する。気温が三十七度もあり、娘や魚の移動には向かない。
 また、代々木上原まで行ったところで、娘の腹が空いたの言葉で、道中を考える。
 代々木上原の個人経営の喫茶店に入る。
 引き返した豪徳寺のそこは、結構、分かり難く、途中、亡くなった作家の遺族が住む横を通ったりする。
 それにしても、世捨て人は、わっちゃんの世話で早起きし、日々、観察している様子だ。
 トリートメントにしても、水換えをどうするか、かなり、調べているみたいだ。
(第四千七百三十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-08-15 22:40 | 社会心理 | Comments(0)
<< 映画太陽好(えいがたいようがすき) 天皇言葉後(このことばより) >>