回向院散策(ねずみこぞうのはか)

b0031140_1982240.jpg

(回向院の鼠小僧の墓:2016年8月7日撮影)


リオでオリンピックが行なわれているが、四年後の東京では、競
技前に体調を崩す選手もいるに違いない。
 この暑さの中、回向院へ向かう。
回向院は、駅の側だ。
 最近の不況からか、妙に、来る人が多い。何かと思えば、知らぬ間に、削るための石が用意されている。
 墓石を削る人があまりにもいたためか。
 この後、猪をぶら下げている山くじら屋を訪ねる。日曜で営業はしていないが、シャッター越しに見ることが出来る。
 両国橋を渡り、東日本橋に入り、杯が交わせる店を探す。
 尤も、この辺りは問屋街で、交わすために、三越前まで歩くことにする。
途中、薬研堀の不動尊に寄る。
歩いた時間は、一時間半くらいだが、かなり疲れる。
尚、汗を流すため、稲荷町まで、出る。浴室の絵は鶴で、番台に
座る女将は浴衣だ。
 温度は四十四度だ。
(第四千七百三十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-08-12 19:07 | 余暇 | Comments(0)
<< 世大過(よのまちがい) 小金魚塩浴(こあかのたいちょう... >>