事件根底事(じけんのおく)

b0031140_2114326.jpg

(山里には:2016年6月19日撮影)


相模原における障害者施設の事件について、犯人の異常性ばかりが報道されている。
 働いている間のことが分からない。遅刻や落書きなどは、報じられているものの、職場環境に関しては皆無だ。
 働いている間に、異常になったのか。
 過酷な職場環境だと、異常になる可能性は高い。
 この辺りを知りたい。規制されているのか、マスコミが気付かないか知らないが、ここが解明されないと、真相には繋がらないに違いない。
 重度障害者ということで、一般的な印象だと、かなり過酷だったのでは、と思ってしまう。
 環境が、人に与える影響は大きい。
 そうした意味で考えると、現代社会もかなり歪で、何れ更なる悲劇が生まれるはずだ。
実際、普通の仕事さえなく、悲劇は始まっている。
こうなると、どう生きるのか。
生きている理由が分からなくなる。
(第四千七百二十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-08-02 21:09 | 社会心理 | Comments(0)
<< 怪人権(ほんとうにあるのか) 夏鮨屋(なつのすしやにて) >>