山里味(やまざとのはなし)

b0031140_21481919.jpg

(山里に行くと:2016年6月20日撮影)


高校野球の岡山大会の決勝において、後味の悪い判定があった。
審判に異議を唱えた結果のものだ。
この類いのことは、かなりある。
岡山といえば、バラ鮨が有名だ。郷土料理として、鮒飯もある。
鮒飯は、未だ、食べたことがない。
大体、食用の鮒の入手が難しい。
情報によれば、鮒をミンチにしてから、野菜などを入れ、最後に、
飯へ掛けるらしい。
偶然、連絡のあった地元の世捨て人に話したところ、鰯や鯵なら、
ミンチ状態のものがあるとのことだ。擬きを作ることにする。
食べながら、鮒なら、どのような味かと想像する。飼育用として
の鮒なら、結構、売っているから、そこから、食用にならないかと
も考える。
それにしても、今や、川魚を食べることは難しく、鰻が中心だ。
泥鰌、鯉などは遠い味に近い。山里へ足を運べば、鮎や山女を提
供する店もあるものの、庶民というイメージではない。
 そういえば、鮎の宿の季語を思い出す。
(第四千七百十七段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-30 21:46 | 社会心理 | Comments(0)
<< 福祉理不尽(きみょうなふくし) 高校野球不祥事(さがのやきゅう) >>