暑夏鰻(あつさうなぎ)

b0031140_21343517.jpg

(暑い日には:2016年7月20日撮影)


出勤前、喫茶店でコーヒーを飲む。いくつかある新聞に目を通す。
先日、保守系の新聞を読んでいたら、四十年前のロッキード事件
に関する記事がある。興味深いのは、靖国神社について、敗戦の神、とあったことだ。
 そう考えると、神道全てが当て嵌まる。
 宗教とは、心の拠り所で、それが中心になると危険だ。
 そうした中、仕事場では、その危険な耶蘇の婆の態度により、他部署のスタッフが辞める。募集しているものの、問い合わせさえない。
 残された人間の負担が大きく、人間関係を築けないから疲れる。
 現在、話しの通じない輩ばかりが目立つ。
 欧米を下手に見習う連中が増えた頃から、世も可笑しくなり始めた。
 そのような日常の帰り、最近、暑さが続くこともあり、地元のよく行く鰻屋へ寄る。
 杯を傾けながら、焼けるのを待つ。
 この時間が良い。
(第四千七百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-25 21:33 | 余暇 | Comments(0)
<< 車内早朝夏(しゃないでさわぐひと) 夏休前(なつやすみまえのまち) >>