夏休前(なつやすみまえのまち)

b0031140_1933494.jpg

(夏の銭湯も良い:2016年7月10日撮影)


そろそろ学校は夏休みで、朝、多少は空くかと思っていたが、早くに出掛ける連中もいるため、そうでもない。
 この手は、七人くらいで遊びに行くから、テンションも高い。
 熱帯夜で寝不足の身には、煩いほどだ。
 世間では、知らぬ間に、蝉が鳴き、時々、夕立もある。だが、梅雨明けはしていないようだ。
 高校野球の地方予選もかなり進んでいるので、不思議な感じだ。
 更にいえば、夏祭りでもあるのか、浴衣姿を週末には、かなり目にする。
 そうした中、世界のあちこちで、様々なことがある。
 相変わらず、アメリカでは人種によるトラブルが頻発し、トルコでは軍が行動に移した。
 フランスでも、テロがあった。
 何れにしろ、人類は愚かということだ。
 これは我が国でも、同様だ。未だ、貧困対策がされていない。
そうした折り、地元の世捨て人より連絡がある。娘の肘が抜けたという。
(第四千七百十一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-24 19:28 | 社会心理 | Comments(0)
<< 暑夏鰻(あつさうなぎ) 選挙中日曜(せんきょきかんのに... >>