天皇退位説(みとめられると)

 
b0031140_22171666.jpg

(世はどうなるか:2016年7月3日撮影)


天皇には、生前退位の意向があるらしい。周囲にも伝えたとのことだ。
 年齢的な問題というものの、現在の皇室典範には、そうした規定はない。
 これは、権力争いを避けることを理由にしているはずだ。
 天皇家における権力争いは、かなり昔まで遡り、仮に、今後、認める方向に進むとすれば、血の匂いが付き纏う可能性もある。
 天皇に退位を迫り、拒否した場合、暗殺などもあり得るのではないか。
 現代において、そうしたことが起きたら大変だという連中もいるだろうが、果たして、どうか。
 更にいえば、今の天皇は象徴とされる。
 そのような可能性は低いとも考えられる。
 だけれど、憲法を改正しようとする動きもある。
 変えられる可能性は否定出来ないだろう。
 そうした中、都知事選挙の立候補者における構図が報じられる。
 野党が一本化される見通しとなる。
(第四千七百六段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-19 22:14 | 社会心理 | Comments(0)
<< 柳澤騒動歌舞伎座昼(やなぎさわ... 選挙種(せんきょのわだい) >>