世理解不能(よにおけるびょうてきなもの)

b0031140_19225256.jpg

(病的な感じのする連中はあちこちにいる:2016年7月3日撮影)


テレビを見ていると、若い時を知っている俳優やタレントが出て来る。年を取っていることには驚かないものの、痩せた、太ったでは、つい見直してしまう。
 特に、女性の方が極端なようだ。
 そのうち、前者など、骸骨を思わせ、死相が表れていると考えてしまう。
 車内でも同様だ。
 夏場、紫外線対策か、黒い長い手袋をしているのを見る。
 病的な感じがする。
 世には、こうした恐怖症に取り憑かれている連中が、結構いるらしい。
 本人は神経質の類いと捉えているが、周囲は、それ以上と見ていることさえ知らない。
 そうした折り、新聞を使った広告を目にする。新自由主義を進めた結果、我が国を壊した元首相が出ている。
 福島原発事故で、助けに来たアメリカ人が被曝したため、その寄付を集めているという。なら、日本人はどうだったのか。 
(第四千六百九十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-12 19:20 | 社会心理 | Comments(0)
<< 腰痛元(こしいたく) 策悪用(わるいさくは) >>