求人策(きゅうじんにかんし)

b0031140_1926117.jpg

(平和維持には努力が大切だ:2016年6月26日撮影)


町中を歩くと、スタッフ募集のチラシを結構見る。
何れも、飲食関係で、九百十円から九百五十円の時給が多い。
朝六時から開くパン屋は、一度、チラシを外したけれど、再度、
張り出した。すぐに、辞めたのか。
身体を使う仕事では、車に従業員募集と書かれたものもある。こ
の場合は、正社員が目立つ。
そのような一方で、希望する仕事がなかなかないのが現実だ。
恵まれた環境にいる連中は、仕事を選ぶのは贅沢だというが、向
き不向きは、確実に存在する。更に加えれば、各々の背景もある。
家族がいる場合、先のようなものだと、苦しいだろう。
何れにしろ、働きたくても求人がない、働いても食べられない世
は可笑しい。
こうなると、余裕がなく、選挙で景気対策を掲げる候補者に投票
したくなるが、果たして、そうした候補者が公約を守ったかを考え
るべきだ。
 公約にない戦争に、知らぬ間に、引き摺り込まれる可能性もある。
平和は当然にあるものではない。
(第四千六百九十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-07-05 19:24 | 社会心理 | Comments(1)
Commented by 河辺のおやじ at 2016-07-02 14:58 x
そのうちに貧乏人の仕事は兵隊だけという世の中になるやもですな。
<< 鮨洋食(しょみんをしれ) 縁切質(えんをきる) >>