引越件(せんきょにともなうめんどう)

b0031140_229511.jpg

(師より考えることは多い:2016年6月21日撮影)


地元の世捨て人から連絡がある。
参議院選挙関係だ。
何でも、引っ越し前の自治体から選挙権が届き、そちらで投票し
ないと駄目らしい。
歩いても行ける距離だから良いようなものの、かなり遠くの場合
は棄権するしかないのではないか。
何れにしろ、引っ越し経験がない者には分からないことだろう。
更に、世捨て人はいう。期日前投票関連でいえば、かなり面倒な
ことで、行った時間が十七時半なので、出入口の案内がされておらず、不慣れなスタッフということもあり、ストレスだったようで、出て来た正職員に対し、このように不備が目立つ市のサービスだったので、隣りの市に引っ越したと伝えたらしい。
 今後の都知事選挙も控え、世捨て人はご苦労なことだ。
 そうした中、あれこれ、俳句の雑誌を買ってみる。
 何れも、入門的な要素が強い。
 作る人は多いが、他人の句を見ない人も結構いるはずだ。
 句を作り始めて思うのは、現代俳句、仮名遣いなど、結社により、
様々な性格があることだ。
端から見ていると、派閥的な感じさえ受ける。
(第四千六百八十四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-06-27 22:06 | 社会心理 | Comments(0)
<< 選挙大争点(せんきょのそうてん) 食難民(ひるにさまよう) >>