信玄公隠湯中川温泉(にしたんざわさんさく)

b0031140_1642385.jpg

(中川温泉:2016年6月20日撮影)


迎えの車で、宿へ行けば、公共の宿で、館内には、昭和四十年代の御殿場線の写真が飾られ、小田急のディーゼル車が写る。
 ところで、今回、夕食後に蛍観賞のあるプランであったが、夕食途中から雨が降り出し、見ることは難しかった。
 宿は、家族連れなど、常連が目立つ。
翌二十日、五時に目覚める。前夜からの雨は上がる。
鶯が、朝から鳴く。
昨日から数えると、三回目の温泉に入る。世捨て人の娘も、三回
目を入る。
公共の宿ということで、食事時間は誰もが同じだ。
一斉に食堂で済ます。
それまで、時間があるので、近くを歩く。
吊り橋を渡ると、犬や猿の鳴き声がする。
静けさばかりだ。
この日も予定はなく、十時三分の富士急行湘南バスで新松田へ戻
るだけだ。
駅には、十時五十九分着。 
(第四千六百八十一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-06-24 16:41 | 余暇 | Comments(0)
<< 市川詩人歩(わたしのつみとばつ) 新松田散策(しんまつだをあるく) >>