再開発昭和残照(さいかいはつのつみ)

b0031140_18525891.jpg

(虎ノ門に残る昭和の建物:2016年6月5日撮影)


虎ノ門周辺を歩くと、未だ、あちこちに昭和の残照がある。
土地を買い占め、立ち退きを迫った結果、再開発されず、駐車場
や空き家になった場所に、それらは残る。
町を壊したと不動産業者は考えていないだろうが、そこに立つと、
昭和の亡霊を感じる。
また、周辺は、寺町といっても良いほど、寺もある。
当然、墓もある。
人々の営みに、思いを馳せる。
かつての江戸見坂からの眺望を想像する。
短い時間の虎ノ門周辺だけの散策だが、なかなか深いものがあっ
た。
見上げるような虎ノ門ヒルズを見ながら、本当に、必要なものか
と思う。
 今の世は、便利さばかりを追求するから、いらないものばかりが出来る。
 いらないといえば、やはり、耶蘇の婆か。
 早く、死んで貰いたいものだ。昭和の化石だが、必要ない。
(第四千六百六十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-06-12 18:51 | 余暇 | Comments(0)
<< 国賊右翼系(しほんしゅぎのげんかい) 虎門周辺歩(とらのもんあたごを... >>