関西初夏旅鞍馬(しょかのかんさいくらま)

b0031140_236645.jpg

(鞍馬寺ケーブルカー:2016年5月29日撮影)


参拝後、送迎の車を待っている間、大女将と話す。
尚、先ほどの運転手は、鞍馬寺の参拝も勧める。帰り、鞍馬寺に
寄り、新しくなった鞍馬寺のケーブルカーにも乗る。
鞍馬寺のケーブルカーといっても、時刻表には出ていないため、知らない人がほとんどかもしれない。
 参拝者のためのもので、鉄道として、扱われている。尤も、営業は、宗教法人になっている。
 先日、車輌を新しくした。
 以前、来た際は、平日で、人はなかったが、この日は、日曜で、比較的込んでいる。
 スタッフが、四十分遅れなどと言っている。
 すぐに、折り返し、叡山電鉄の乗り場へ向かうと、かつて、走っていた車輌が切り取られて置かれている。
 その昔、出町柳に京阪が走っていなかった頃は、行くのが大変だったと聞く。
 正に、奥座敷であった。
 とはいっても、旅行者が、京都駅から入ろうとすると、未だ、何回か乗り換えの必要がある。
(第四千六百六十一段)
[PR]
by akasakatei | 2016-06-04 23:04 | 余暇 | Comments(0)
<< 京劇白蛇伝(ちゅうごくのでんせ... 関西初夏旅川床(しょかのかんさ... >>