関西初夏旅南海(しょかのかんさいなんかい)

b0031140_21394421.jpg

(一部高架化された羽衣駅:2016年5月29日撮影)


既に、入線している四時五十六分発の列車で、今回、高架になった区間を抜け、泉大津に出る。
 南海本線は、結構、高架になっており、町の様子が分かる。
 五時二十八分に、泉大津着。
 すぐに、羽衣に折り返す。難波方面は、未だ、地上線だ。ここから分かれる高師浜支線も同様だが、この機会に乗ってみる。
 この線は、二両編成の列車が、線内を行ったり来たりしている。
 終点の高師浜は高架で、他人の家の庭の様子が手に取るように分かる。
 再び、羽衣へ戻り、難波へと帰る。
 目的は終わったが、今回は珍しく、観光をする。
 地下鉄で淀屋橋へ行き、京阪で京都に行く予定だ。
 その前に、淀屋橋の喫茶店で、朝食とする。
 八時四十分の特急に乗り、出町柳へと走行するものの、中書島の手前で、人身事故発生の案内がある。
 数分遅れで、出町柳着。
 何年か前、鴨長明を調べていた際、この辺りを訪れたことを思い出す。
(第四千六百五十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-06-02 21:38 | 余暇 | Comments(0)
<< 関西初夏旅川床(しょかのかんさ... 関西初夏旅出発(しょかのかんさ... >>