想定外釈明(しらじらしい)

b0031140_20461534.jpg

(戦争への道になると神道が復活するのか:2016年5月22日撮影)


都内の駅では、最近、警官を見ることが多い。
サミットは、遠い伊勢志摩なのに、こう監視ばかりだと、東京オ
リンピックでは、どうなるのか。
更にいえば、こうした警官について、沖縄に配置すべきではない
か。
先の女性が米軍関係者に殺されたことを考えると、凶悪なのは米
軍に外ならない。
今後、戦争前夜など、考えもしなかったことが始まるのだろう。
考えもしないことが起きた際、釈明会見で、このところ、想定外
なる言葉が頻繁に使われる。逃げ口上にしか聞こえない。
二十四日付けの東京新聞の朝刊に、非正規社員を進めた関係者ら
が出ていたが、揃って、先のことを口にしていた。
素人でも容易に分かることが分からないのは、単に、他者の立場
で考えないからだ。
そうした中、我が国を支えていると、未だ、勘違いしている自動
車産業では、不正が目立つ。
 こうした連中が上にいる限り、世は良くはならない。
(第四千六百五十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-05-27 20:44 | 社会心理 | Comments(0)
<< 女面倒(かかわるのはさけるべし) 浦和調神社(うさぎをさがし) >>