不具合日常(にちじょうのめいわく)

 
b0031140_16214353.jpg

(日常が平穏なことは少ない:2016年4月24日撮影)


サミットに伴い、開催地について、多くの人は旅行を敬遠しているらしい。開催地では、旅行者を呼び込もうとしているようだ。
 常識的に考え、警官が物々しく、下手をすれば、職務質問を受ける地域に行くとは思えない。
 そうした意味でいえば、補償を政府はしているのか。
 仮に、国家権力で、開催地に協力を求めているとしたら、先の戦争を思い出す。
 そのような折り、医療機関の領収書を整理していたら、今年に受診したにも関わらず、領収日が平成二十四年となっているものがある。
 連休に入るため、医療機関は休み、確認出来るのは、かなり先だ。
 今後は、その場で確認しないと駄目だ。
 この医療機関では、以前にも、保険証が間違えて戻って来たことがあった。
 同様なことでは、先日、タクシーを利用した際、カーナビがあるのに、年配の運転手は近道と言いながら、遠回りになったことがあった。
(第四千六百二十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-05-03 16:19 | 社会心理 | Comments(0)
<< 大型連休入(おおがたれんきゅう... 技術道(ぎじゅつのほうこう) >>