自衛隊宣伝(このようなかたちで)

 
b0031140_2152542.jpg

(何気ない幸福を忘れている人間が多い:2016年4月10日撮影)


九州での地震の報道を見ると、このところ、自衛隊がよく映っている。
 つい自衛隊の宣伝かと考える。
 国内救助隊の位置付けなら、誰も反対しないだろう。
 それが戦争の看板を掲げるから、誰もが危ないと思う。
 それにしても、九州における地震について、静まる気配がない。益々、激しくなっている感さえある。
 物資が届かず、被災者は大変だろう。
 持病のある人も同様だ。
 病気といえば、先日、泌尿器科の門を叩いたことに触れた。
 詳しい結果を電話で確認すると、尿道炎の疑いが強かったという。その前に薬は処方されており、自覚症状は、ほぼ消えた。
 このような時に考えるのは、何気ない幸せだ。
 思えば、東日本大震災の傷跡は、未だ、消えず、原発事故は現在も続いている。
 町や鉄道も復旧されていない。
 九州も、今後、訪れるには時間が必要かもしれない。
(第四千六百十九段)
[PR]
by akasakatei | 2016-04-23 21:50 | 社会心理 | Comments(0)
<< 科学無力感(しょせんはなにもで... 熊本地震後(じしんづくし) >>