自由席心得(れっしゃですわるには)

b0031140_19452224.jpg

(自由席で座るには計画が必要だ:2016年4月9日撮影)


自由席の場合、どこに並ぶかにより、座れる確率が変わるのではないか。
 年配者、大きな荷物を持っている人、子連れ、グループなどがいる列は避けるようにしている。出来るなら、ひとり旅の者の列が良いが、携帯電話を操作している者がいる時は止めた方が良い。
 これは、長距離列車だけでなく、日々の通勤も同様だ。
 ただ、通勤だと、最悪、座れなくても問題はない。旅だと、そうはいかない。
 通勤でも、これらを考えているものの、予想出来ないのが下車客だ。
 携帯電話などをしていたため、すぐに下車しない輩もいる。
 また、グループで、下り際に挨拶を交わし、迷惑になっている不届きな連中もかなりいる。
 これらは、駅構内の自動改札機でも結構見掛ける。
 この類で困るのが、こちらが乗り込んでいるにも関わらず、自分らが下車しているのに乗り込んで来るという顔をすることだ。早く乗らないと、列の後ろで並ぶ連中より、遅いとの顔をされる。
(第四千六百十三段)
[PR]
by akasakatei | 2016-04-17 19:44 | 社会心理 | Comments(0)
<< 運動大迷惑(はらだたしきうんどう) 福井駅周辺緒川(ふくいからおがわへ) >>