福井駅周辺緒川(ふくいからおがわへ)

b0031140_21253817.jpg

(武豊線武豊駅:2016年4月10日撮影)


敦賀で、旅慣れていない様子の老人が隣に座る。新幹線の乗り方を訊かれる。
 九時四十四分、米原着。
 十四分で接続の「ひかり514号」で名古屋を目指す。
 三分しかないが、武豊線直通の十時二十八分発の区間快速に間に合う。
 なかなか忙しい。
 以前、武豊線に乗った時は電化されていなかった。
 高架化されている緒川辺りには、ショッピングモールがあり、周辺が田圃だけに、違和感がある。武豊には、定刻十一時二十八分着。
 駅前を見れば、春祭りらしく、食事が出来そうな店もなく、すぐに折り返す。
 それにしても、武豊線では、出稼ぎらしい外国人をかなり見る。工場でもあるのか。
 大府への列車は、日曜の昼ということもあり、遊びに行く人で込み始める。大府から名古屋への列車も同様だ。
 名古屋より、先の理由から自由席を利用するしかないものの、博多からの「のぞみ」だと、名古屋からだと座れない可能性もある。  料金的にはやや損となるが、十二時五十六分発「こだま654号」に乗り、小田原で下車することにする。小田原からだと、地元まで、郊外電車が走っている。
(第四千六百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-04-16 21:18 | 余暇 | Comments(0)
<< 自由席心得(れっしゃですわるには) 福井駅周辺乗入(ふくいえきしゅ... >>