弥生末(やよいもすえになると)

b0031140_20115933.jpg

(鉄道は三月になると変化が現れる:2016年3月27日撮影)


毎年三月下旬になると、鉄道のダイヤ改正が行なわれる。
それに伴い、地元でも、小田急とJRの車輌が千代田線経由で、
相互に入って来ることになった。
また、ダイヤだけでなく、施設関係でも変更が生じる。
例えば、市ヶ谷における有楽町線と南北線の乗り換え通路の左右
に関する方向も四月から変わる。この捻れは、以前にも触れた。
この時期は、様々なことが変わるが、世では、いよいよ戦争法が
施行される。違憲と言われるにも関わらず、施行され、今後、どう
なるのか。
テロは遠い世界のことだったのが、これからは、より身近に起き
るかもしれない。
安全どころか、物騒な日が続くかもしれない。
 物騒といえば、行方不明になった少女が見付かった。
 容疑者は大学生だったという。どういう神経なのか。
 女の子を持つ親は、常に、不安だろう。
 嗜好については、各々、異なるけれど、迷惑を掛けてはいないだ
ろう。最近では、その類の規制が強く、それが犯罪に走らせたのか。
(第四千六百段)
[PR]
by akasakatei | 2016-04-04 20:09 | 社会心理 | Comments(0)
<< 与党大危険(よとうのこわさ) 二重橋楠木(くすのきぞう) >>