平日橋本辺(あさのはしもと)

 
b0031140_172326.jpg

(三ヶ木行きのバス:2016年3月23日撮影)


三月二十三日から三日間、休みである。
 どこかに行こうかと考えるものの、新線の開通は土曜以降だから、心理的に新幹線を使いたくはなく、近場とする。
 頭に浮かんだのは、三ヶ木だ。
 以前、児童文学『三太物語』に触れた。そこには、過去、二回ほど、足を運んだことがある。
 ただ、作者が執筆したという旅館には行ったことがない。
 そこで、宿泊を考え、電話をすると、どうも泊まらせたくはない様子だ。
 何しに来るのかと言われる。
 泊まるためでは、納得しない感じだ。
 仕方なく、日帰りで、訪れる。
朝、国領を六時五分の京王線で橋本に出、神奈川中央交通バス「橋01」系統で三ヶ木に向かう。
 このバスの本数は多く、橋本で朝食を済ませてから、八時六分のバスに乗ると、意外に、化粧や髪を染めた高校生が目立つ。春休みのはずだから、クラブ活動か。
(第四千五百九十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-03-27 17:01 | 余暇 | Comments(0)
<< 三太里(さんたのさと) 疲連中(きらわれるおんな) >>