幼児味(ようじのがいしょく)

b0031140_1944484.jpg

(再開発により個人店が消えるのは寂しい:20162月28日撮影)


先日、映画を夜に観た際、チケットを買ってから、開場までの時間を利用し、夕食を済ませた。
 とはいっても、夜なので、ゆっくり出来る店はなく、酒を飲まないとなると、牛丼のチェーン店くらいしか、周辺にはない。
 久し振りに、入る。
 制服や精算システム、メニューが変わっており、別のチェーン店に入った感じさえする。
 変わらないのは、落ち着かないところか。
 これは、チェーン店の喫茶でも同様だ。
 やはり、人の動きが多いからに違いない。
 ごゆっくり、と言われても、さて、どうなのか。
 喫茶の場合、下手をすれば、以前にも触れたが、トイレに入るタイミングばかりを気にするようになる。
 そういえば、数日前、国領の世捨て人とその娘と一緒にチェーン店の喫茶へ行く。
 サンドイッチなどは、大人向けなのか、子供には合わず、辛いという。
(第四千五百八十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-03-17 19:41 | 社会心理 | Comments(0)
<< 幻経営(げんそうしゃちょう) 映画家族型(えいがかぞくはつらいよ) >>