対応方(たいおうのやりかた)

 
b0031140_1703816.jpg

(件の公民館:2016年2月23日撮影)


国領の世捨て人から、聞いた話しである。
 世捨て人が娘と出掛け、途中、市役所に隣接する公民館でオムツを交換するため、受付で、トイレがないかと確認したという。
 女子トイレにあると言われたらしい。
 世捨て人は、念のため、女子トイレに入っても良いかと訊けば、慌てたとのことだ。
 受付担当者は、父娘しかいないことを確認しなかったのか。
 マニュアル通りの対応ということだろう。
 そうした折り、旅行会社での対応を思い出す。
 北海道旅行をパッケージで手配した際、なかなか宿が決まらなかったことだ。
 これは、飛行機と宿の両方が空いていないと予約が出来ない。また、使える飛行機も結構制限がある。
 このため、一時間ほど掛かってしまう。
 時期によっては、プラスαが発生するようになっている。
 様々なパンフレットがある結果、スタッフも把握しておらず、逆に、混乱に繋がっている気がする。
(第四千五百六十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-02-26 16:59 | 社会心理 | Comments(0)
<< 店性格(みせのきゃくそう) 個人信仰悪(こじんしんこうをすてよ) >>