芝居金城哲夫伝(ひかりのくにからぼくらのために)

b0031140_19183458.jpg

(紀伊國屋サザンシアター:2016年2月14日撮影)


二月十四日、夜半からの雨風が止まない。
午後から紀伊國屋サザンシアターで、劇団民藝の『光の国から僕
らのために―金城哲夫伝―』を観に行く予定だ。
尤も、その前に、芝居のチラシをあちこちへ取りにも行きたい。
列車の遅れを考え、七時過ぎに出ると、強風の影響で、速度を落
としていると駅で案内している。
最近、この類いが多い。
劇場近くのファミリーレストランで、時間を潰す。先日、買った
全集のうち、夫婦を描いた短編集を持って来た。
どうも、登場する妻の言動を見るに、やはり、結婚とは、所詮、
我慢だと思う。
新宿へ戻り、ここでも、チラシを集める。相変わらず、雨は残り、
風も強い。後で、春一番だったと知る。
十一時から開店する以前に触れた店で昼食とする。訪れるのは、
五年振りくらいか。そういえば、国領の世捨て人は、この店の系列
で結婚披露宴も考えていたとも聞く。
島根の名物が並ぶ御膳を食べ、本屋内の劇場を目指す。
今回、足を運ぶ気になったのは、『ウルトラマン』が絡むからだ。
 終演後、交流会に参加し、その後、西調布に出、銭湯で汗を流す。
(第四千五百五十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-02-16 19:16 | 文芸 | Comments(0)
<< 品川心中噂達引(へいせいにじゅ... 映画地方路線乗合自動車(えいが... >>