畜生院体力(どうぶつびょういんより)

 
b0031140_1951782.jpg

(変わる町にも変わらないものがある:2016年1月24日撮影)


国領の世捨て人が、引っ越しを考えていることについて、以前、触れた。
 その世捨て人に関し、先日、家族と不動産屋へ足を運んだとの連絡がある。
 なかなか気に入る物件が見付からないという。
 どこも一長一短との話しだ。
 全て揃う物件というのは、まず、ないに違いない。
 探しているのは、実家近くだけれど、久し振りに訪れる場所もあり、あまりにも町並みが変わっており、驚いたという。
 実家といえば、世捨て人は、細君の実家における犬の足の動きが可笑しいとのことで、犬猫病院に連れて行ったとも話す。
 何でも、行くつもりはなかったというものの、娘が世捨て人も一緒にと言ったために、付き合うことになったようだ。
 これまで、世捨て人は小鳥や魚くらいしか飼ったことがなく、犬猫病院には、二回ほど、何かで行ったことがあるらしい。
 今回、獣医やスタッフを見ていて、体力勝負だなと感じたみたいだ。
(第四千五百五十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-02-14 19:48 | 社会心理 | Comments(0)
<< 映画地方路線乗合自動車(えいが... 建国記念日映画(うつくしいあん... >>