歌舞伎体験(しばいにふれる)

b0031140_18442022.jpg

(歌舞伎座ギャラリーでは、一部を除き、実際に体験出来る:2016年1月21日撮影)


地元の店で、医者の話しの他、点けられたテレビで、事故のバスの映像が出て来た。
 年齢制限を設けるべきだとの話しになる。
 翌日、八重洲に出、よく行く鮨屋で杯を傾ける。
 最近の天気の悪さで、魚が市場に出て来ず、探すのが大変だという。このため、昼の営業が若干遅れる。
 店に寝泊まりしているからか、店主は痩せた感じだ。
 この後、東銀座まで行く。
 歌舞伎座ギャラリーに寄る。「体験空間歌舞伎にタッチ―しる・みる・ふれる・やってみる―」が催され、一端に触れる。
 駕籠、蝶、舟、馬、三味線、鳴物など、なかなか興味深い。
 特に、三味線は、祖父が職人だったこともあり、感慨深い。糸を弾く。
 よく祖父は作っていたなと思う。
 また、舞台や花道も再現され、つい役者を気取る。
 少々疲れを覚え、よく休憩に使う喫茶店でロシアンティーを頼む。
 寒い日だったので、身体に染みる。
(第四千五百三十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-01-25 18:43 | 余暇 | Comments(0)
<< 低料金社会(ていりょうきんのへ... 映画喜劇高知内(きげきよさこい... >>