札幌市電旅出発(さっぽろしでんじゅんかんたびだち)

b0031140_21415930.jpg

(夜の空港:2016年1月16日撮影)


一月十六日、仕事帰りに、羽田二十時十五分発のAirDo37便札幌行きに搭乗する。
 仕事帰りに、飛ぶのは初めてかもしれない。
 地下鉄と京急を乗り継ぎ、空港に着くと、十八時四十分近い。手荷物検査も込んでおり、中に入ると、十九時だ。この時間を利用し、夕食とする。
 ところで、今回、札幌に向かうのは、昨年、札幌市電がループ化されたためだ。予定より、かなり遅れた。
 軽食を済ませ、搭乗を待っていると、テレビでは、バスの事故を報じている。
 何故、ルートが変わったのか。ツアーバスは、厳しい立場になるだろう。察するに、亡くなった運転手の責任になるだろう。
 誰もが、偽装を感じたはずだ。数日前には、チェーンのカレーの廃棄物が横流しされた。
 これらを見れば、安いのには、理由があることが分かる。
二十一時四十五分、新千歳空港着。
 機内での案内だと、マイナス九度、雪らしい。
(第四千五百二十四段)
[PR]
by akasakatei | 2016-01-19 21:39 | 余暇 | Comments(0)
<< 札幌市電旅循環(さっぽろしでん... 小正月(あずきがゆについて) >>