喜映画逆転旅行(きげきぎゃくてんりょこう)

b0031140_213241.jpg

(神保町シアターのロビー:2016年1月4日撮影)


神保町シアターで、「泣いて!笑って!どっこい生きる!映画監督瀬川昌治」特集が組まれ、十四時十五分からの『喜劇逆転旅行』が目的だ。
 始まるまで、時間があり、昼飯とする。ただ、食欲はあまりなく、目に入ったレバノン料理のファーストフードとする。ファーストフードだけれど、値段は良く、空いている。スパイスに遠い国を思う。
 映画館に戻ると、ほぼ満席で、年配男性が目立つ。敬老の日の会を思い出す。
 実際、見知らぬ者同士が健康や若き頃を話している。聴いていると、今の五十、六十は、働かずに、生活保護を頼るから駄目だという。出稼ぎをすべきだと言っているものの、若い者さえ仕事がないのに、そうした高齢者にあるのか。時代を分かっていない。
 今回、足を運ぶ気になったのは、鉄道が舞台ということもある。更に、正月くらいは笑いたいからだ。
映画後、ドイツ料理店に入る。
ホットビールを飲む。
夕方ということもあり、近くの出版社らしき社員を結構見掛ける。
(第四千五百十二段)
[PR]
by akasakatei | 2016-01-07 21:31 | 文芸 | Comments(0)
<< 地元松之内(じもといつか) 税務署申告(いりょうひこうじょ) >>