新年初休日(しんねんのやすみのひに)

 
b0031140_12233165.jpg

(富士と多摩川:2016年1月3日撮影)


正月三日目にして、漸く、休みとなる。これから、三日ほどは、ゆっくり出来る。
 この二日間、早起きをしたにも関わらず、それほど、眠くはなく、溜まっている録画を遅くまで観てしまう。
 それと同時に、歳時記も広げる。
 目を通していて、仕事だと、つい、年中行事が疎かとなることに、改めて気付く。
 また、年賀状にも目を通す。
 印象的なのは、高校時代の担任の熱い文面だ。英語の教師であった。
 当時の授業を思い出す。
 授業に入る前、社会についてのニュースを論じていた。
 そうしている間に夜も更ける。
 休みとなる三日、いつも通りに目覚める。
 食事まで時間があるので、引き続き、溜まっている録画を観る。
 年末年始には、特番が多く、何となく、録画予約を入れるから、こうしたことになる。
 疲れを覚え、多摩川方面へ散歩に出る。遊んでいる親子連れ、土手を走っている連中がいる。遠くに富士が霞む。
 途中、開いていたスーパーで、飲んだことのない純米系の酒を三本買う。
(第四千五百十段)
[PR]
by akasakatei | 2016-01-05 12:21 | 余暇 | Comments(0)
<< 税務署申告(いりょうひこうじょ) 初詣行列噂(はつもうでのぎょう... >>