鰻夕飯(うなぎめし)

今回の旅も忙しく、食事を楽しむ暇さえない。
帰りも、品川で降り、京急に乗り換え、東銀座へ歌舞伎のチケッ
トを引き取りに寄る。
この日を外すと、行けそうにもない。
地元に戻り、時々、足を運ぶ鰻屋で夕飯とする。
鰻を食べる前に、杯を傾けるのがいつもの流れだが、旅の間、駅
弁ばかりだったので、いくつか頼む。
鯊の刺身が珍しい。
浜名湖辺りでは、普通に食べられている、と店主がいう。
女将によれば、鮮度の関係もあり、入荷してから、店に置いてお
くのが難しいらしい。
忙しい時は、世話に手が回らないとの話しだ。
 尤も、その分、値段は良い。
他に、焼き空豆、山芋の素揚げも注文する。
ところで、鰻だが、白焼き、塩焼きを頼んだ後、鰻重とする。
 久し振りに、ゆっくりとする。
 知らぬ間に、徳利も並ぶ。
(第四千四百九十一段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-17 21:01 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:鰻夕飯(うなぎめし) 試験版:師走阪神旅(ねんまつは... >>