試験版:師走北千住(しわすのせんじゅ)

 
b0031140_19541527.jpg

(年忘れ冥途を覗く落語会:2015年12月13日撮影)


朝から冷たい雨が降る十二月十三日、千住の写真家の結婚式に出る。
 今月の散策は、この式だ。
 いつもの面子の他、国領の世捨て人の妻子も招待される。毎月とはいえないまでも、何カ月かに一度、顔を合わせていた。
 式、全般的にいえることだが、飲み過ぎるためか、夕飯を食べる気がしない。
 ワインである。
 今回は、フランス料理店で披露宴あった。
 久し振りに会う連中も何人かいる。
 式中、毎月のような会話になる。
 その月の時事ネタだ。
 お開き後、近くの銭湯に寄る。
 身体を暖める。
 浴室の絵は、モザイク画だ。
 世捨て人の娘が、走り回る。
 常連客が笑う。
(第四千四百八十八段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-14 20:52 | 余暇 | Comments(0)
<< 師走仙台旅(ねんまつせんだいか... 師走北千住(しわすのせんじゅ) >>