試験版:映画草軽電鉄線(えいがやまばと)

b0031140_22541726.jpg

(雪予報夢の中にて耳澄ます:2015年12月2日撮影)


先日、青井を歩いた際、ある民家の壁に、心の悪を取り除くイエス・キリスト、と掲げられていた。
 嘘付けと思う。
 一身教特有の狂信者の集まりで、己らこそ、悪だと考える。
 悪といえば、何日か前、地元の時々寄る店で、昼食とする。
 開店五分前頃に行けば、婆を中心に行列だ。
 以前は、こうしたことはなかった。
 食べられる店が、少なくなったこともあるだろう。また、値段が手頃ということもあるに違いない。
 それにしても、見ていると、女は数人で来る。食べ終わっても、話しているから、回転が悪い。
 そうした折りの十二月二日、仕事帰りに、神保町へ寄る。例により、映画だ。
 特集「森繁久彌の文芸映画大全」が組まれ、『山鳩』を観る。
 廃止になった草軽電鉄が登場する。それを観るために、足を運ぶ。
 舞台は、落葉松沢で、故北条秀司氏の作だ。
 氏の作品では、初秋に観た舞台が記憶に残っている。
 今回もまた、祈祷が出て来る。
 物語は浅間を背景とする。動く草軽電鉄を観るのは不思議だ。本当に、走っていたのだと思う。
 この鉄道については、他の映画にも登場し、それを観たことがある。その時も、同様に感じた。
 ところで、この鉄道を初めて知ったのは、故宮脇俊三氏の廃線跡の文だ。
(第四千四百七十七段)
[PR]
by akasakatei | 2015-12-03 23:53 | 文芸 | Comments(0)
<< 世家族(おんなとのくらしは) 映画草軽電鉄線(えいがやまばと) >>