十条辺散策(じゅうじょうしょうてんがいをあるく)

十月十八日、学生時代の友人らとの散策である。
今回は、東十条から十条へと向かい、商店街を歩く。
いつもの通り、喫茶店で待つ。
体格の良いウエイトレスが接客し、体力がないと働けないのでは
ないかと話す。
東十条は、北口に古い商店街が広がり、南口は十条への抜け道の
印象だ。
この抜け道、狭いのだが、なかなか人通りが激しく、大衆演劇場
の前を通る。
 そういえば、最近、大衆演劇を観ていない。
 演芸場周辺には、自転車が駐輪し、地元の人間が多いようだ。近
くに、こうした演芸場があればと思う。
 十条には、いくつもの商店街があり、珍しく、今回は杯を交わす
店に困らない。
 とはいえ、入ったのは中華料理屋だ。
 その後、銭湯で汗を流す。結構、込んでいると常連がいう。
 浴室の絵は鶴だ。
(第四千四百三十九段)
[PR]
by akasakatei | 2015-10-26 20:16 | 余暇 | Comments(0)
<< 試験版:十条辺散策(じゅうじょ... 試験版:再近代化世(さいきんだ... >>